Blog&column
ブログ・コラム

電気工事の内容とは

query_builder 2022/01/01
コラム
37

電気工事に関する仕事に興味や関心を持っている方や、電気工事を依頼したいけどどこまで可能なのかな
など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
電気工事の内容に関して、詳しく紹介していきたいと思います。

▼電気工事の仕事内容
電気工事の仕事内容や種類はとても幅広くなっています。電気工事の分野を大きく2つに分けてみていきます。

■建築電気工事
さまざまな建物の屋内配線工事、外線の配線工事、冷暖房設備工事、ビル管理の仕事などを行ないます。
官公庁施設や教育施設、工場、ビル、事務所、病院、住宅などのあらゆる建設物に対応しています。
電気にまつわるいろいろな作業を行ない、電気配線の設計や施工をしたり、配電盤や各種電気設備の据え付けをしたりなど工事をゼロから行います。
施行責任者、現場監督などの指示に従って工事を進めていきます。

■鉄道電気工事
世界一正確に運行していると言われる日本の鉄道を陰で支えている仕事になります。
鉄道には電車に電気を送る架線、安全運行を支える信号システム、踏切、駅の照明など電力を供給する発電所・変電所に至るまで豊富な電気設備があります。
鉄道施設での電気工事を行うためには、業者としてさまざまな条件をクリアしていないと行なうことはできません。
昼間は鉄道が運行中のため、夜間工事がメインになります。

▼電気工事士になるためには
電気工事士として働くには、国家試験を受験して資格を取得する必要があります。
電気工事士の資格には第一種電気工事士・第二種電気工事士があって、工事範囲が異なってきます。

■第一種電気工事士
第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の大規模な工事に携われる
■第二種電気工事士
一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する屋内配線や電気照明の設備取り付け工事に携われる

NEW

  • 北九州市小倉北区で電気工事、分電盤取り込みしました

    query_builder 2021/05/07
  • 北九州市小倉北区で電気工事しました

    query_builder 2021/05/07
  • 電気工事の費用はいくらぐらい?

    query_builder 2022/01/15
  • 電気工事の内容とは

    query_builder 2022/01/01
  • 蛍光灯の正しい捨て方を簡単に説明します。

    query_builder 2021/12/15

CATEGORY

ARCHIVE